F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Just Wanna Have Fun !
b0167670_20342787.jpg

モノクロスナップでの僕の気に入りの一枚。
少女の楽しげな様子を出せたかなと思う。
彼へのオマージュとしてはこんな写真が相応しい気がする・・・。

ほとんど人に語った事の無い話。
実は僕には写真を教えてもらった師匠がいる。
いや、写真について教えてもらったのは僅かな事だけ。あとは僕が彼の手焼きのプリントを見てそこから自分で学んだ。

僕よりいくらか年上で、優しい笑顔が印象的な寡黙で穏やかな人だった。
最近よくいる、他人と群れる事でしか安心感を得る事が出来ない軟弱なファック野郎どもとは一線を画す人だった。
孤高の人と呼ぶに相応しい人だった。
写真だけでなく、人として僕の憧れの存在だった。

彼の撮る写真は35mmのモノクロスナップそれのみ。
世界各国で撮ったそれらの自家現像、手焼きの写真は息を飲む美しさだった。
僕は写真というものを好きになってから膨大な数の素敵な写真を見てきたが、ある要素において彼の写真を凌ぐものを僕はまだ知らない。

その要素、即ち僕が彼から学んだ事は、被写体に対する優しい眼差しだった。そして人と人との関わりの美しい絆だった。そして何よりも見る人の心をプラスに変える温かい写真だった。

いつしか、静かに彼との縁は切れた。
僕の不義理が原因だったと思う。
縁が切れるしばらく前、彼の言った言葉が今も心に焼き付いている。
「いつか必ず這い上がって見せますよ。」
穏やかな彼に初めて感じた憤怒にも似た闘志だった。

今、僕は彼がどこで何をしているのか知らない。
写真を続けているのかさえも。
僕には写真における明確な目標と目的がある。それは再スタートしたこのブログの最初のポスト(One Shot Reloaded)で十分ほざいた。
そして僕は遅かれ早かれ、その「目的」を達成出来ようが出来まいがいつか必ず死ぬ。
だから彼が写真を続けていてほしいと思う。あの静かな闘志とともに。
何故なら僕の写真の「目的」は僕だけでなくみんなの力でこそ達成出来る種類のものだから。
僕自身が達成しなくてもいい事だから。

けれども僕の写真の「目標」は僕が僕に課した自分だけのためのものだ。
だから僕は彼にもほざく。
「師匠、僕はいつかきっとあなたをも凌駕してみせる。」
きっとその耳に届いてはくれないであろう我が師匠への宣戦布告。

叶う事ならいつか写真についてあの頃のようにあのカフェで。

Hasselblad 503CXi - kamakura, japan - Re:#16



今、僕の手元には師匠にもらった大切な手焼きのモノクロプリントが数葉あります。
このブログをご覧いただいている方でいつかお目に掛かる機会がある方には僕の師匠の手焼きのモノクロプリントをお見せしたいな、なんて思っています。

あ、今回の下ネタ、どうしようか(笑)。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2012-01-17 19:55 | Monologue | Comments(6)
Commented by ぽろ at 2012-01-18 09:17 x
fuzukiさん、おはようございます♪

穏やかでとてもきれいなモノクロの海。
見る人の心をプラスに変える写真、私もそういうのがいいな。
この一枚にもそれを感じますよ。

追い付きたい、超えたいと思えるような方がいるというのは
それは幸せなことです。モチベーションの持続にもなるし。
最後の願い、叶うといいですね。
Commented by fuzuki-2009 at 2012-01-18 19:34
>ぽろさん
コメントありがとうございます。

どうせやるなら志は高く。どんな志を持とうがそれだけは個々の自由ですから(笑)。
見る人の心をプラスに変える写真。師匠の写真から感じ取ったそういう写真を明るい写真を撮り続けていきたいです。

目標は自分に課した義務なので頑張ります(笑)。

願いは物の道理と必然に任せます(笑)。
ありがとうございます。
Commented by ssnapper at 2012-01-24 11:55 x

はじめまして。

志の高さや写真への情熱が半端ないですね。
文章や写真を拝見させて頂き、自分も見習わなければと率直に思いました。

これからもいい写真が撮れるといいですね!
頑張ってください!

Commented by fuzuki-2009 at 2012-01-24 20:01
>ssnapperさん
コメントありがとうございます。
初めまして、こんばんは!

言うは易し行うは難し、ですよ(笑)。
ほざくのだけは得意ですから。

いい写真を撮るために日々を楽しく過ごそうと思います。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!
Commented by myu at 2012-01-25 21:01 x
こちらでは、はじめまして、です。
flickrの写真を拝見して、どんな方が撮ってるんだろうと
興味が湧いて...w
プロフィールからお邪魔させていただきました。

fuzukiさんのこのテキストを読んで
過去、私にも師匠というか、尊敬する写真を撮る人がいて
私の場合は「褒められたくて」という思いなんですけど
その頃の強い想いを思い出しました。
ただ直向きに、というか、がむしゃらに撮っていた頃を。

fuzukiさんの写真に対する想い、情熱。
flickrの写真に誘われ、ここに来て良かったです。
また、お邪魔させてください。
リンクいただいても大丈夫ですか?
Commented by fuzuki-2009 at 2012-01-25 22:18
>myuさん
コメントありがとうございます。
ようこそいらっしゃいませ(笑)。
こんな下ネタ王が撮ってました。

人は皆、それぞれが色々な思いを秘めて写真を撮っているんでしょうね。
素敵だと思います。
直向きもがむしゃらも。

まあ、馬鹿だの、身の程知らずだの、無駄だの、何を言われようが言いたい奴には言わせておけばいいですからね(笑)。
ここは僕の自由な場ですから。
が、写真だけは極めてマジにやっています。
ゆえに毎日でもいらしてください。

もちろんリンクどうぞ。
これからもどうかよろしくお願いいたします。
<< A Time Machine Proud Loneliness >>


カテゴリ
全体
About My Blog
Monologue
Hasselblad
Rollei
Pentax
Leica
Nikon
Olympus
Contax
Voigtländer
Mamiya
Zeiss Ikon
Twin Lens Reflex
Bronica
Compact Camera
Ricoh Digital
Sigma
Polaroid
Toy Camera
N/A

フォロー中のブログ
気まぐれ
通りすぎた風景
120
journey.
stay。
Spur*
35mm+
か写![kasha!]


外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧