F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Yahman !
b0167670_10114248.jpg
b0167670_10115687.jpg

ジャマイカ第二の都市、モンテゴ・ベイに一週間程滞在した時の話。
キングストンに次ぐ第二の都市。とは言え村と言っても差し支えのない規模。
そこで出会えるのは言葉にならないビーチと陽気な不逞の輩ども。

街中を歩けば一日に四、五人の男が「ガンジャ、ガンジャ。」と声を掛けてくる。
辺りを気に掛ける様子も無く、おにぎり大のラップに包んだ大麻樹脂をほつれたポケットから薄汚い手で鷲掴みにして。
日に何人も来るのでこれが結構鬱陶しい。

気さくに、しかしとてもしつこく話しかけてくるオッサンに、一人でのんびり過ごしたい旨を告げるといきなり豹変し、
「Go back to Japan ! Go back to Japan !」と大声で連呼。
分かった、分かった。あっちへ行け!と手ぶりで追い払うと道路を渡って行き、道の反対側から更に大きな声で
「Go back to Japan ! Go back to Japan ! Fuck you !」と罵り倒してくる。
あー、恥ずかしい。こんなのに何度も出くわす。

ビーチで一人寛いでいると何やら若造三人組が親しげに話し掛けてくる。また来たなと思いつつ相手をしているとその内の一人が日本人の彼女がいた事があるそうで習った松田聖子の歌を日本人顔負けの歌唱力で熱唱して聴かせる。
「抱いて抱いてー抱いてー♪」
生レゲエまで聴かせてもらったところでゴッツイ警官が二人やってきていきなり若造三人をぶっ倒し、警棒でグイグイ押さえつけ懐からアイス・ピックを奪う。
野獣のような警官は「Thief ! Thief !」と唾を飛ばしながら僕に得意気に注意を促す。
分かってるよ、おまわりさん。この輩の目的くらい。
さっき金の入っていないダミーの財布を何気なく開くふりをした時、この輩三人の視線が芸術的に財布の中身に集中した瞬間に既に面接は済んでるんだからさ。

インドに似た旅の醍醐味も味わえて更に素敵なビーチ付きのジャマイカはお勧めです。

ところで。
旅に出てぼったくり、詐欺、盗み、暴行などの被害に遭って「良い社会勉強をした。」なんて悠長なお戯れを言っている旅行者を僕は世界中で日本人以外には知りません。
それはポジティブ・シンキングと言うのでは無く、恥知らずと言うのではないですか?
そういう目に遭うのは屈辱であるって事を忘れないで欲しいし、その事で他の日本人にまで多大な迷惑が及びかねません。
日本人旅行者は世界で一番舐められています。

もうちょっと気概を持って、一人旅を頑張って!

No Camera Information - montego bay, jamaica



今まで世界各国を旅してきて一番酷い下痢に見舞われたのがこのジャマイカ。
語学留学中のヴァケイションを利用して一人旅したのですが、ニューヨークへ戻っても一週間、水のような下痢は治まらず。
結局病院へ駆け込み、ケツの穴に管を突っ込まれたりしながら治療して回復。やはり食べ物や水ですね。
要注意。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2012-07-14 10:23 | Monologue | Comments(0)
<< My Choice Crawl >>


カテゴリ
全体
About My Blog
Monologue
Hasselblad
Rollei
Pentax
Leica
Nikon
Olympus
Contax
Voigtländer
Mamiya
Zeiss Ikon
Twin Lens Reflex
Bronica
Compact Camera
Ricoh Digital
Sigma
Polaroid
Toy Camera
N/A

フォロー中のブログ
気まぐれ
通りすぎた風景
120
journey.
stay。
Spur*
35mm+
か写![kasha!]


外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧