F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Berry Berry Sarusuberry
b0167670_1911799.jpg

Pentax 6×7TTL - kamakura, japan



ほら、百日紅ってイチゴみたいな形態で咲いていることが多いじゃんねー。
説明を要する未熟さ(笑)。

ダジャレ&乙女なワシ、早くも昨日バケペン用超かっちょいいバッグを使用(笑)。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2012-09-16 19:13 | Pentax | Comments(12)
Commented by uribo at 2012-09-17 09:44 x
おはようございます。

ツボです、この写真。
色合いといい、ボケ具合といい…なんとも美味しそうな感じが。笑
Commented by fuzuki-2009 at 2012-09-17 19:51
>uriboちゃん
コメントありがとうございます。
こんばんはす!

ツボですか、この写真?この写真、ボツにしなくて良かった(笑)。
報われました。バケペン構えて下から覗き込んでずっとピントと構図決まらなかったから(笑)。
あんがとー。
Commented by uribo at 2012-09-17 20:51 x
…そうだったのかー(;-ω-) 笑
Commented by mayumi at 2012-09-17 21:06 x
ああ、ほんと、きれいな色ですね。
Flickrのコメントでどなたかが「どのように撮れば暗い写真になるのかわからない」とコメントしているのを偶然拝見しましたが、私にしてみると、こういうフワフワした明るい写真をどのように撮るのかよくわかりません。
明るい写真の中には、完全に露出オーバーで色が褪せてしまている写真をよく見かけますが、きちんと花の色が載っていてなおかつフワフワした感じを表現できているところが素晴らしいです。
Commented by fuzuki-2009 at 2012-09-17 21:19
>uriboちゃん
...そうだったんだよー(;-ω-) 笑
Commented by heartbeat400 at 2012-09-17 21:19
あなたは、なぜ
沢山の
こんなにも繊細な写真を
撮ることができるのですか。
素敵です、本当に。
Commented by fuzuki-2009 at 2012-09-17 21:29
>mayumiさん
コメントありがとうございます。

僕はあまり難しい撮り方はしてないですね(笑)。
好みが明るくて柔らかい写真なので、とてもシンプルですが露出を1段から1.5段オーバーにしてその際絞りは極力開放で撮る、と言うそれだけですね。
僕は風景写真でさえ絞って撮る事はしませんから(笑)。
若干のオーバーで撮るのはネガに肉眼で見た情報を出来るだけ多く焼き付けておくためです。
アンダーで色が潰れる、またはオーバーで色が飛ぶ。それらは僕の本意ではないので出来得る限りは避けたいと思っていますよ。
Commented by fuzuki-2009 at 2012-09-17 21:39
>heartbeat400さん
コメントありがとうございます。

おおーっと、ちょっとそれは誉め過ぎだと思いますよ(笑)。
まだまだ人様の素敵な写真を拝見すると、だーめだこりゃと思う事が多いですけどね(笑)。
ありがとうございます。頑張ります!
Commented by かたつむり at 2012-09-18 21:38 x
とてもすてきなお写真ですね*
いつ見ても透明感があって・・・
fuzukiさんの人柄が表れてるんでしょうね^^
Commented at 2012-09-19 17:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuzuki-2009 at 2012-09-19 20:31
>かたつむりさん
コメントありがとうございます。

透明感かー。
サディストが撮る写真には透明感があるって言うのは写真界の定説ですからね。
冗談です(笑)。

透明感ってやっぱり僕も写真に関しては求めたい要素ですからそう言って頂けてとても嬉しいです!
僕の人格に透明感はありませんが(笑)。
Commented by fuzuki-2009 at 2012-09-19 20:38
>鍵コメさん
コメントありがとうございます。
こんばんは^^

うーん、まだまだ自分の写真に満足していないのでちょっと困惑しますが(笑)。
ウチワの方が良いって回答でもよろしいですか(笑)。

向上心を失ったら終わりだし、まだ僕の写真は発展途上ですが少なくとも今より数段下手くそでしたよ。
撮っていた写真も本当にこれはクソなんじゃないかっていう代物でしたよ(笑)。
<< Infinity Wind >>