F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Loop
b0167670_205245.jpg

Pentax 6×7TTL - kamakura, japan



レンズ描写。
これについては他にもテーマにしたい事があるのだけれど、今回は新旧に関して。

はっきり言って僕はレンズグルメじゃないし、レンズ描写の違いなんて分かりゃーしません。
ニッコールもツァイスもどこがどう違うのかさっぱりです(笑)。
僕はレンズ描写について熱く語る人の殆ども実は思い込みによる幻想を抱いているだけであって、写真を見比べてどれがどのレンズで撮ったのか凡その見当ではなくきちんと判別できる人はほんの僅かだと推測しています。

まあ、そういう話は次回にして、前出の新旧について。
僕は非球面とかマルチコートとかの比較的新しくて優れているとされるレンズよりは古くて頻繁にフレアだとかゴーストが出てしまうようなレンズを好みます。
と言っても絶対的にそれを支持するとかそういったところまではいかないですが。

やはり人間の瞳もかなり不完全であって、この写真と同じように視界に完全に日光が入るような場面では肉眼でもその光景を完全に捉える事は出来ないと思うのですよね。
だからこうした古いレンズでフレアやらゴーストが出る方がより自然に近いんじゃないかと思う訳です。
僕は殆どの写真に関して出来得る限り肉眼で見た光景に近く撮れる事を理想の一つとしています。
そういった面からも最新レンズでどんな悪条件でもきっちり被写体を捉えてしまえるっていうのがどうも馴染まないんですよね。
古いレンズに特有の甘く柔らかな雰囲気も好きだし。

ってここまで書いて文章の長さの割に内容が薄い事にはっと気付くfuzukiさん(笑)。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2012-09-28 20:29 | Pentax | Comments(0)
<< Red Comets On A... Eternal Kids >>


カテゴリ
全体
About My Blog
Monologue
Hasselblad
Rollei
Pentax
Leica
Nikon
Olympus
Contax
Voigtländer
Mamiya
Zeiss Ikon
Twin Lens Reflex
Bronica
Compact Camera
Ricoh Digital
Sigma
Polaroid
Toy Camera
N/A

フォロー中のブログ
気まぐれ
通りすぎた風景
120
journey.
stay。
Spur*
35mm+
か写![kasha!]


外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧