F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Your Spit
b0167670_20102822.jpg
b0167670_20103988.jpg
b0167670_20105177.jpg
b0167670_2011322.jpg

ネパールのポカラから廃車寸前のバスに身を揺られ、陸路国境を越えてインド、ヴァラナシのバス・ステーションに着いたのが午前三時頃。
こんな時間でもリキシャ・ドライバー達は旅人に群がり、客を掴もうと必死だ。
いつものように交渉。

「How much is it to the hotel ?」
「40 rupies !」「30 !!」「25 rupies !!!」
次々と安くなる。

まだ値段を言っていないガリガリのジイさんに声を掛ける。
「O.K. How about you ?」
「20 !! 20 rupies !! 20 !!」
ジイさんは最安の値段を連呼する。

しかし、ジイさんの必死の連呼が災いを。
Twenty !! の“トゥ”の発音の時にジイさんの唾が一滴、僕の口へ。
僕はすぐに唾を吐き出す。
まずい、何か悪い病気が感染したかも・・・。

そして別のドライバーのリキシャで夜明け前のガンジス河へ。
悪い、ジイさん、旅人の心配は尽きないんだよ。

No Camera Information - varanasi, india



少し前、僕が頻繁に海外を一人旅していた頃、僕は単なる旅の持ち物の一つとしてカメラをバックパックに突っ込んで歩いているだけで、写真に関するまともな知識など殆ど無かった。
今、こうして改めてそれらの写真を見てみると、あまりにも下手クソな写真に我ながら度肝を抜かれてしまう(笑)。
しっかし、センスの欠片もない下手クソな写真だなー。

ただ、今に比べると写真に関する知識も経験も無かった分、素直に心を動かされたものにレンズを向けていたんだなーって感じてその辺りだけは評価してもいいのかな、なーんて思ったら過去の自分に甘い男って事になるのだろうか(笑)。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2013-01-08 20:30 | Monologue | Comments(2)
Commented at 2013-01-11 09:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuzuki-2009 at 2013-01-11 22:20
>鍵コメさん
コメントありがとうございます。
こんばんはー!

僕も熟読派なので読むのはあまり早くないですよ(笑)。
読みたいときにマイペースで読んでくださいな(笑)。
<< Kamakuran Veget... Bow And Arrow >>


カテゴリ
全体
About My Blog
Monologue
Hasselblad
Rollei
Pentax
Leica
Nikon
Olympus
Contax
Voigtländer
Mamiya
Zeiss Ikon
Twin Lens Reflex
Bronica
Compact Camera
Ricoh Digital
Sigma
Polaroid
Toy Camera
N/A

フォロー中のブログ
気まぐれ
通りすぎた風景
120
journey.
stay。
Spur*
35mm+
か写![kasha!]


外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧