F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Purple Break
b0167670_1781352.jpg

Hasselblad 503CXi - zushi, japan



写真に於いて様々な「対比」という事は意義深い要素だと思う。
けれどもそれを画の中に於けるそれに留めずに、
「その撮る画はアポロン的。けれどもその撮り手の心はディオニュソス的。」
そんな対比を理想として撮り続けていきたい。

何でもかんでも表に出せば良いってもんじゃないしね。
しばしば抑えるって事も重要な事。
エロい話してる訳じゃねーぞ、というアテンション(笑)。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2013-05-26 17:11 | Hasselblad | Comments(2)
Commented by くら at 2013-05-31 00:19 x
同感です。
撮る時も、スキャンするときも、仕上げをするときも、
派手さやインパクト大に傾かず、自分の想いも込め過ぎず、が、
とても大切なポイントだと思います。
そうでないと写真を見てくれる方がイメージを膨らます余地が無くなりますし
「わぁ、きれい」と思ってくれてもスグに忘れ去られてしまいます。
自分の表現したい分はここまで、あとは見る人に残しておく、
そんな姿勢で撮っていきたいと考えています。

「…的、…的」ってぜんっぜんわかりませんでした(笑)。
Commented by fuzuki-2009 at 2013-05-31 22:51
>くらさん
コメントありがとうございます。

何でもそうかもしれませんが良さそうな要素を突っ込み過ぎると却って良い結果が得られないって事はよくありますよね。
そして少なくとも心の中でだけは絶対に負けないって自負ぐらいは持っていたいと思います。
でも画に表出させるものはシンプルで穏やかで十分だという気がします。
余地の問題もなかなか難しいですよね。
特に加減が難しい(笑)。

ニーチェですね(笑)。
哲学は凄く興味がある訳でもないですがこれはシンプルで分かり易くて気に入ってます。
割と有名ですしね。
<< Ichiro Eternal >>


カテゴリ
全体
About My Blog
Monologue
Hasselblad
Rollei
Pentax
Leica
Nikon
Olympus
Contax
Voigtländer
Mamiya
Zeiss Ikon
Twin Lens Reflex
Bronica
Compact Camera
Ricoh Digital
Sigma
Polaroid
Toy Camera
N/A

フォロー中のブログ
気まぐれ
通りすぎた風景
120
journey.
stay。
Spur*
35mm+
か写![kasha!]


外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧