F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Sequence
b0167670_1184930.jpg

Hasselblad 503CXi - zushi, japan



まあ、一応は写真撮りである僕にとって大きな意味を持つ素敵な朗報が(笑)。
最大の意義はやはり向上心の更なる高まりか。

ところで。
難儀なのは、写真というものが撮り手の心の表出であるにもかかわらず撮り手が語れば語る程、そして要素を詰め込めば詰め込む程、その写真そのものの意義が希釈されてしまう事。
語りたい、詰め込みたいっていうのは撮り手ならずとも自然な心の衝動だもんね(笑)。
つまりは抑制、制約という事がキーになってくる訳であろう。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2014-01-26 11:46 | Hasselblad | Comments(2)
Commented by くら at 2014-01-26 15:59 x
あ、ボクもそうだと思います!
写真がどっかに行っちゃって、写真を味わうというより物語を読んだって感じになりますよね。
写真に対する価値観もいろいろありますから まぁそういう方がおられてもいいかな、
それはそれで楽しめるし、と一応納得してます。
タイトルだって出来るだけ感情抜きの単語を選んであっしはつけていますがこれは fuzuki さんの
影響と思われますね(笑)。
要素についてはボクの場合盛り込み過ぎかもなぁ… もっと被写体シンプルにだけど入念に光と
影を考えながら撮るようなのも試してみます。
昔ですが、どこを見たらいいのかわからないってコメントいただいたことがあります(笑)。
よく考えなくっちゃですね。

ではまた^^
Commented by fuzuki-2009 at 2014-01-26 17:23
>くらさん
コメントありがとうございます。

モノの考え方は人の数だけあるので写真もテキストも各々自分の納得いくスタイルで表現するのが良いと思います(笑)。
単に「僕はこう考える。」という話ですが、同じ様に思ってもらえる方がいるのは嬉しいです。

御推察通り(笑)。
僕は概ね写真のタイトルを誰が見ても客観的に認識できるようなモノにして写真の印象に影響を与えないように付けています。
または全くのナンセンスか敢えて飛躍し過ぎのタイトルか(笑)。

僕はファインダー内に多くの要素を詰め込み過ぎないように極力要らないモノを排除して構図を作りますが、時にやはり自分で見て「つまらない写真だなー。」なんて感じてしまう事もあるのですがそれはそれ、僕のスタイルとして納得する事にしています(笑)。
<< Mine Barnack >>


カテゴリ
全体
About My Blog
Monologue
Hasselblad
Rollei
Pentax
Leica
Nikon
Olympus
Contax
Voigtländer
Mamiya
Zeiss Ikon
Twin Lens Reflex
Bronica
Compact Camera
Ricoh Digital
Sigma
Polaroid
Toy Camera
N/A

フォロー中のブログ
気まぐれ
通りすぎた風景
120
journey.
stay。
Spur*
35mm+
か写![kasha!]


外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧