F.T.B.W.
by fuzuki-2009
Hold It Tight
b0167670_2047236.jpg
b0167670_20473468.jpg

Contax S2 - ginza, japan



今回は写真について微かに真面目に語ります(笑)。
つまらないかも知れませんがしばしお付き合いの程よろしくお願いいたします。
ネガの曖昧さのようなものに似たようなものに近いようなもの、に関して(笑)。

カラーネガはラティチュードに関して概ねポジやデジより寛大です。
けれどもその特定の1コマっていうのは撮影者が露出やら構図やら画面内の配色やらといったあらゆる条件を選択した上で出した結果としての1コマであって、更にそれをファインダーで覗いた時には現実的なある特定の色でしか肉眼では見なかったはずのものですよね。
要するにその撮った1コマ1コマって言うのは肉眼で見たものを撮影者がある諸条件を選択した結果としての「1種類」しか存在しないはずのものだと思うのですよね。
そういうものに対して、如何にネガが曖昧な要素を含む代物だと言っても、際限無く多様性を認める事(加工)をしてしまって良いのかどうかという事。
もちろんこれは僕自身としては極めて好まないと言っているに過ぎず、その是非についての普遍的な結論などは存しません。

例えば今人気のお店でスキャン、プリントなんかをする場合、見栄えの良いように、または依頼者の意図に沿ってかなりの補正、加工が行われていますよね。
そうしたお店での出力の結果はパッと見て素敵に見えるだろうから商売としては成り立っても、撮影者の写真の腕を上げるという事には全く貢献しないのではないかな?なんて思います。
写真サイト等で、お店で補正・加工したと思われる写真を見ると、「この写真のネガ、こんな風には絶対焼き付けられていないだろうなー。」としばしば感じます。

そういう方たちは露出が少し狂ったネガのスキャンのし難さを理解するという幸福な機会には恵まれないだろうし。
僕の最初の写真の師匠は手焼きをする人でしたが露出が3分の1段狂っただけでもその焼き難さを嫌って敬遠していました。

いずれにしても楽しむために写真をやっているのだから「貴様のような雑魚にそんな事を一々言及されたくない!」と言われてしまえばそれは御尤も。
「考え方が古臭い!」と言われてしまえばそれもそれも御尤も。
仰る通り、その通りだと思います。

けれども楽しむためにやっているのは僕とて同じ事。
僕はエロい割にはストイックな面も持ち合わせていて、本気で楽しむために僕には向上心とある種の制約が不可欠な訳なのです(笑)。

あ、それにしてもContax S2のデザインは素晴らしいっぺー(笑)。
[PR]
by fuzuki-2009 | 2014-02-18 20:51 | Contax | Comments(8)
Commented by lepin at 2014-02-18 21:33 x
よくわかります~。
ただ、それが今日のおしゃれ写真、カメラ女子のブームを支えているのでしょうね。なんとなくよい写真が撮れますし(笑)
それとデジタルのお手軽アプリなどでしょうね。
Commented by fuzuki-2009 at 2014-02-18 21:43
>lepinさん
コメントありがとうございます。

そうかもしれませんね(笑)。
罪と言っては過言かもしれませんが功罪両面、それぞれにあるのでしょうね。
まあ、好みのやり方で各々やるのが一番でしょうね、と元も子もない事を言ってみる(笑)。
Commented by tact at 2014-02-20 07:23 x
うん。

うん。
Commented by fuzuki-2009 at 2014-02-20 22:19
>tactさん
コメントありがとうございます。

ご賛同頂けた、という理解でよろしいでしょうか(笑)。
Commented by tact at 2014-02-20 22:22 x
はい。
強く共感です。
Commented by fuzuki-2009 at 2014-02-21 21:50
>tactさん
忝い(笑)。
Commented by mayumi at 2014-03-01 22:44 x
加工・修正を最初からあてにしていると、写真はいつまでたっても上達しないような気がします。でも、写真の腕を上げることよりも、自分の好きな写真(完成品としてのプリントされた写真)をまず手に入れたい人もいるだろうし、まあ、どうやって写真と接していくかについては、人それぞれなんでしょうねえ…

ところで、まるで、画面の女の子ににじり寄って行くようなこの2枚の写真の並べ方、いやらしくてとても好きです♡


Commented by fuzuki-2009 at 2014-03-01 23:20
>mayumiさん
コメントありがとうございます。

そうですよね、僕も同感です。
撮ったそのままを反省材料として活用した方が上達は早いのではないかなと。
写真へのアプローチの仕方については各々の好み次第だと思うので写真撮りの数だけ方法はあると思います。

おー、良いポイント・オブ・ヴューです(笑)。
我輩、とてもいやらしいのでお褒めの言葉を頂き無上の喜びです(笑)。
<< Kitchen Far Away >>


カテゴリ
全体
About My Blog
Monologue
Hasselblad
Rollei
Pentax
Leica
Nikon
Olympus
Contax
Voigtländer
Mamiya
Zeiss Ikon
Twin Lens Reflex
Bronica
Compact Camera
Ricoh Digital
Sigma
Polaroid
Toy Camera
N/A

フォロー中のブログ
気まぐれ
通りすぎた風景
120
journey.
stay。
Spur*
35mm+
か写![kasha!]


外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧